緑区・天白の消化器内科・胃腸科・整形外科・健康診断ならさくら医院

初診のご案内ご予約方法

外来診療:052-892-7300健康診断:052-892-0200

外来診療時間 9:00-12:00 / 15:00-18:30(月-土)

MENU

不正出血

生理じゃないのに血が出るのはどうして?

不正出血は、婦人科の受診理由として多いものの一つです。
女性の方は毎月生理があるので出血に比較的慣れているものですが、一般的には生理以外で女性器から出血することは異常なことです。
今回は、不正出血とは何か、不正出血の症状とその原因、病院へ行ったほうが良い目安、そして不正出血の診断と治療についてわかりやすくまとめました。

不正出血とは

不正出血とは、「生理ではないときに女性器から出血する」ことを言います。
生理による出血は子宮体部にある子宮内膜からの出血ですが、不正出血の場合は、外陰部、膣、子宮頸部からの出血のことがあります。
また、自分ではなかなかわかりにくいのですが、実は尿道口や肛門から出血していることがあります。
それ以外にも、生理の量がいつもと極端に違う(多い・少ない)場合や生理の期間が長い・短い、また生理周期や期間がバラバラになる場合も、不正出血の関与が疑われます。

不正出血はあらゆる年代の女性に起こります。
原因によっては不妊の原因となることもありますので、出血以外の症状がなくても注意が必要です。

不正出血の症状

不正出血の症状は、上で述べた通り「生理ではないときに血が出る」ことです。
大量の出血が見られることもあれば、おりものに血が混じる程度の少量の出血のこともあります。
閉経しているはずなのに出血が見られるのも不正出血の症状の一つです。

出血の色はさまざまです。
普通の生理と同じような赤い出血が見られることもあれば、ピンク・黄色・茶色・黒色など生理とは少し違う色の出血が見られることもあります。

何らかの病気が原因で血が出る場合には、その病気による症状が同時に現れることがあります。
また出血の量が多すぎると貧血となることがあります。

不正出血の原因

不正出血には、何らかの病気が原因となるものと、そうではないものの2種類があります。

病気が原因となる不正出血(器質性出血)

子宮や膣、卵巣などに何らかの病気があることによる不正出血を器質的(きしつてき)出血と呼びます。
器質的出血の主な原因となる病気を以下に示します。

炎症

子宮内膜症や萎縮性膣炎、病原菌の感染などによる出血です。

子宮内膜症は生理痛や過多月経の原因としてよく知られていますが、実は不正出血を起こすことも多いものです。
きちんと治療しないと不妊の原因となります。

萎縮性膣炎は閉経後の高齢女性に多くみられます。
出血の他に黄色いおりものが見られることが特徴です。
女性ホルモンが減っていることにより膣の表面が薄くなることで起こります。

病原菌として代表的なものは、性感染症であるクラミジアや尖圭コンジローマです。

子宮腟部のびらん

ホルモンにより起こり、特に若い女性に多いのが特徴です。
びらんと見せかけて初期の子宮がんのことがあるので、厳重な経過観察が必要です。

良性の腫瘍

ポリープや子宮筋腫などによるもの。

悪性の腫瘍(しゅよう=がん)

子宮頸がん、子宮体がん、膣がん、卵巣腫瘍、子宮肉腫などの悪性腫瘍によって出血が起こることがあります。
閉経後に不正出血が見られた場合は、まず悪性腫瘍がないかを確認する必要があります。

妊娠に関連すること

正常妊娠でも、受精卵が着床し妊娠が成立する時に出血することがあります。
特に若い女性で生理不順のある場合は、自分でも妊娠に気がついていないことがあります。
また流産や異所性妊娠などの異常妊娠の際には高い確率で出血が起こります。

外傷によるもの

性行為によって外陰部や膣の一部が傷ついて裂けたことによる出血

婦人科の病気以外の原因で起こる不正出血(機能性出血)

出血の原因となる婦人科系の明らかな病気がないものを機能的出血といいます。
多くはホルモンバランスの乱れによるもので、思春期や更年期に起こりやすいのが特徴です。
中には生理があるのに排卵がないという方もおり、妊娠を希望している場合は基礎体温などで排卵があるかどうかを確認する必要があります。

排卵出血

卵巣の膜を突き破って卵子が出てくるために生じる出血を排卵出血と言います。
生理の2週間ほど前にある排卵期に起こることが多いです。正常でも見られます。

消退(しょうたい)出血

緊急避妊薬(アフターピル)内服後、妊娠が成立しなかった場合、黄体ホルモンの影響で子宮内膜が剥がれ落ちるときに見られる出血のことです。

凝固異常による出血

凝固(ぎょうこ)以上は、婦人科系の病気ではなく血液の病気による出血です。
血液を固める成分が足りない、または働きが悪いために、本来すぐ止まるはずの出血がなかなか止まらないことが原因です。
不整脈や心臓病・脳卒中などで血液がサラサラとなる薬(抗凝固薬)を内服している場合にも起こります。
大量出血となりやすいため、厳重な経過観察が必要です。

来院の目安

不正出血は、子宮頸がんや子宮体がんなど命に関わる病気のサインであることがよくあります。
他の症状があるかどうかに関わらず、できるだけ早く婦人科を受診しましょう。

診断・検査方法

不正出血の原因を突き止めるために、下に挙げたような検査を行います。
必ずしも全ての検査を行うわけではなく、必要な検査をいくつか組み合わせて行います。

内診

一般的にはまず内診が行われます。
婦人科医が手袋をつけて、直接膣や子宮、卵巣の状態を調べます。
非常に情報量の多い検査で婦人科の病気を見つけるのに有効ですが、思春期の女性で性交渉の経験がない場合は、他の検査で代用して内診を省略することがあります。

子宮がん検査

子宮頸がんや子宮体がんの検査です。
命に関わる病気ですので定期的な検査を受けることをおすすめします。
子宮頸がんは子宮頸部を棒状のもので擦り、細胞に異常がないか調べます。
子宮体がんでは子宮の奥の細胞を擦りとります。

経膣超音波検査

膣内に超音波の機器を挿入することで、子宮全体や卵巣の観察を行います。
出血の原因となる腫瘍や筋腫などの病気があるかどうかがわかります。

おりもの検査

出血の原因が感染症によるものと考えられる場合、おりもの検査によって細菌の有無を確認します。

性感染症検査

クラミジアや淋菌などに感染している可能性がある場合にこの検査が行われます。

血液検査

女性ホルモンなどの分泌量のチェックをします。
出血量が多い、長引いているなど貧血を疑う場合は、貧血の検査も同時に行います。

妊娠反応検査

妊娠している可能性がある場合は、尿による妊娠反応検査を行います。

治療法

ホルモンバランスの乱れによる場合

多くの場合は経過を見ます。
出血期間が長い、または量が多くて貧血を起こしている場合は、薬の服用により出血を止めます。
規則正しい生活を送り、ストレスを溜めないようにしましょう。

炎症を起こしている場合

子宮内膜症の場合は、病気の程度や妊娠の希望があるかどうかなどによってホルモン療法や手術療法などが選択されます。
萎縮性膣炎の場合は、膣の中にホルモン剤を挿入することで治療が可能です。
感染症の場合は、病原菌に応じた抗生剤を処方します。

腫瘍による場合

子宮頸管ポリープは摘出することで出血を止めることができます。
悪性腫瘍の場合は病気の部位と程度によって治療法が異なります。
手術療法、抗がん剤、放射線療法などを必要に応じて組みわせて治療します。

妊娠による場合

正常妊娠であれば、多くの場合は経過観察で問題ありません。
流産や異所性妊娠などの場合は追加処置が必要となることがあります。

外傷による場合

傷の程度が軽ければ自然に治ります。
大きい傷はそのままでは綺麗に治らないので、病院での縫合処置が必要となります。

不正出血があったら一度婦人科で相談を

以上、不正出血について簡単にまとめました。
不正出血の原因としてはホルモンバランスの乱れによるものが多く、経過観察となることも多いです。
しかし、まれにがんなどの重大な病気が潜んでいる可能性があります。
生理に慣れてくると、血が出るということに対しての危機感が薄れてくる方も多いですが、生理以外で女性器から出血するということは、本来は異常なことです。
自己判断せず、できるだけ早めに婦人科を受診しましょう。

ご予約はこちら

WEB予約 電話をかける

さくら医院 所在地情報

名称

医療法人参方善さくら会 さくら医院

所在地

〒458-0041
愛知県名古屋市緑区鳴子町三丁目49番地23ナルコス 1階2階
(マックスバリュ鳴子店まえ建物)

医療法人参方善さくら会 さくら医院

院内の様子はYouTubeでご覧いただけます

※本ページは情報提供ページです。本ページ内の医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。

参考:
*1 金沢さくら医院婦人科サイト 不正出血
https://sakura-womens.com/disease/bleeding.php
*2 公益財団法人日本産科婦人科学会 不正出血
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=7
*3 厚生労働省 特集 パートナーと一緒に読みたい 生理から考える女性の健康
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/magazine/202003_00001.html
*4 女性の健康推進室ヘルスケアラボ 不正出血
https://w-health.jp/monthly/bleed/
*5 女性の健康推進室ヘルスケアラボ Q4.「不正出血がありとても不安です。婦人科に行った方がよいでしょうか?」
https://w-health.jp/qa/detail04/

キャッシュレス決済を利用できます