緑区・天白の消化器内科・胃腸科・整形外科・健康診断ならさくら医院

初診のご案内ご予約方法

外来診療:052-892-7300健康診断:052-892-0200

外来診療時間 9:00-12:00 / 15:00-18:30(月-土)

MENU

生理不順

生理が来ない・回数が多いことで悩んでいませんか?

生理の悩みで一番多いとされているのが「生理の周期がばらばらで、いつ生理が来るか予想できない」「生理がきてもすぐ終わってしまう」といった生理の乱れ(=生理不順)です。
今回は、生理不順とは何か、生理不順の原因、生理不順で病院に行った方が良い目安、そして生理不順の診断および治療方法についてわかりやすくまとめました。

生理不順とは

生理不順とは、生理の周期や期間に乱れがあることをいいます。
生理は2つの女性ホルモン(卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン))によってコントロールされており、それに関わる脳下垂体、視床下部、卵巣などに異常があると、ホルモンバランスが崩れて生理が不順となります。

正常な生理の周期としくみ

生理(月経)周期は、生理が始まった日から次の生理の前の日を1サイクルとして計算します。
正常な生理周期は25〜38日とされています。
生理が終わってから排卵までを「卵胞期」、排卵から次の生理が始まるまでを「黄体期」と呼びます。

生理不順の種類とそれぞれの原因

生理不順は、生理周期の異常と生理期間の異常の2つに大きく分けられます。

生理周期の異常

生理周期の異常として、周期が24日より短いものを「頻発(ひんぱつ)月経」、周期が39日より長いものを「稀発(きはつ)月経」、3ヶ月以上生理がこないものを「無月経」といいます。
また、生理周期がバラバラで次の生理がいつ起こるのか予測がつかない場合を「不整周期月経」と呼びます。

頻発月経

生理の周期が24日以下と短く、1ヶ月の間に2〜3回生理が来る状態です。
頻発月経は、原因によって大きく3つのタイプに分けられます。

  1. 排卵から次の生理まで(黄体期)が短い
  2. 排卵までの期間(卵胞期)が短い
  3. 出血があるのに排卵がない「無排卵周期症」による

このうち1と2は、主にホルモン分泌の乱れが原因です。
卵胞期が短いこと自体は病気ではありません。
黄体期が短い場合は、不妊症や流産の可能性につながります。

「無排卵周期症」は、出血があるのに排卵が起こっていない状態です。
少量の経血量が長く続くのが特徴です。
思春期や更年期に多く、何らかの病気で卵胞がうまく育たない、または排卵に障害があるなどの原因があります。
この場合は排卵がないので、妊娠できません。

稀発月経

生理の周期が39日以上、3ヶ月未満の状態を「稀発月経」といいます。
妊娠していないのに3ヶ月以上月経が来ていない場合は、「続発性無月経」と名前が変わります。
排卵がある場合は問題ないのですが、排卵がない場合は放置しておくとそのまま生理がなくなってしまうことがあります。

原因は急激なダイエットやストレスによるホルモンの乱れだけでなく、子宮や卵巣、甲状腺などにも病気が潜んでいる可能性があります。
また前回の生理の後に性交渉があった方は、妊娠の可能性があります。

不整周期月経

不整周期月経は、生理の周期のうち一番長い時と短い時の差が7日間以上あるものです。
思春期や更年期、産後や授乳中などホルモンバランスが崩れやすい時に多くみられます。

生理期間の異常

生理期間の異常としては、生理期間が1週間以上続く「過多月経」と、逆に1〜2日で終わる「過少月経」があります。

過多月経

生理が1週間以上続く、経血量が多い、血の塊が混じる状態です。

過多月経はホルモンバランスの乱れだけでなく、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系の病気によって引き起こされている場合があります。
出血量が多いため、貧血になりやすいです。

過少月経

生理が3日以内に終わる、経血量が少ないという状態です。主な原因は2つあります。

1つ目は年齢と共に減る女性ホルモンの影響です。
年齢と共にエストロゲンの分泌量が減り、子宮内膜が少なくなることで起こります。
一般的に更年期と呼ばれる現象です。

2つ目はホルモン分泌の乱れです。
子宮内膜を剥がす作用のあるプロゲステロンが十分に出ていないことが理由です。
プロゲステロンが足りないと子宮内膜が増殖しやすくなり、子宮体がんの原因になります。

生理不順が引き起こす不調

特に頻発月経・過多月経の場合は出血量が増え、貧血を起こすことがあります。
また、生理不順と思い込んでいる方の中には、生理と生理の間に起こる不正出血を生理と勘違いしている方がいます。
不正出血が頻繁に起こるということは、子宮などのがんを含めた婦人科系の病気がある可能性が高くなります。

生理不順での来院の目安

10代ですとまだ体が成熟しきっていないため、生理不順がおきやすいので多少不安定でもさほど心配はいりません。
生理不順で早めの受診をお勧めしたいのは、以下のような場合です。

  • 過多月経:婦人科系の病気が基礎にあることが多く、大量出血により貧血を起こすことがあります。
  • 生理不順以外の症状がある:特に多毛・脱毛、乳汁分泌がみられる場合は、ホルモン異常を強く疑います。
  • 初潮から性成熟期(18歳頃から40代前半までの期間)まで、ずっと生理不順が続いている:多嚢胞性卵巣症候群など基礎疾患の存在を疑います。
  • 妊娠を希望している場合:排卵がないこと、また黄体期が短いことを放置していると、不妊や流産の原因となります。

生理不順の診断・検査

まず、妊娠しているかどうか、そして生理不順の基礎となる病気がないかについて調べます。

妊娠しているかどうかは、問診および尿検査で判断します。
妊娠していない場合は、内診や超音波検査、細胞診検査、血液検査(貧血やホルモン異常、腫瘍マーカーなど)などを行い、婦人科系の病気の有無について診断します。
必要に応じて、頭部MRI検査による脳下垂体の評価や染色体検査を行います。

思春期の女性の場合は婦人科系の病気が原因となっていることがほとんどないため、性交経験のない場合は、可能な限り内診の必要な検査を省略します。

基礎となる病気がない生理不順(機能性月経不順)の場合は、基礎体温表をつけていただき、排卵があるかどうか、そして卵胞期や黄体期の長さを確認します。

生理不順の治療方法

生理不順があるからといって、全てが治療の対象となるわけではありません。
卵巣や子宮などの病気が無ければ、経過観察となることも多いです。

ただし、以下の場合は治療が必要となります。

  • 生理不順やそれに伴う貧血などによって日常生活に支障がある場合
  • 妊娠を希望しているのに1年以上妊娠しない場合
  • 子宮内膜が厚くなっており、子宮体がん予防の必要がある場合
  • 45歳未満で血液中の女性ホルモンの値が低い場合
  • 肥満(BMIが25以上)や痩せ過ぎ(BMIが18以下)

治療を行う場合は、それぞれの生理パターンによって以下のような治療を選択します。

頻発月経の場合

月経周期を安定させるためにホルモン製剤やピルなどが処方されます。
また、妊娠希望で排卵がない場合は排卵誘発剤が処方されます。

稀発月経の場合

まずは出血を起こさせます。
一度出血するとその後は安定して生理がくる場合もあります。
妊娠を希望する場合は排卵誘発剤を使用、妊娠を希望しない場合にはホルモン製剤を使用します。

過多月経の場合

稀発月経と同じく、ホルモン分泌の乱れの可能性があります。
それ以外にも子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、 子宮内膜増殖症、子宮がんなどが見つかる可能性があります。
ホルモン分泌の異常ならホルモン製剤、 婦人科疾患の場合は病気に応じた処置を行います。

過少月経の場合

ホルモン分泌に異常があればホルモン製剤、子宮や卵巣に異常がある場合は手術を行う場合もあります。
排卵が来ていなければ排卵誘発剤が処方されます。

生理不順を予防するために

まずは基礎体温をつけてみましょう。
3ヶ月間続けると、生理周期の乱れの程度や排卵があるかどうかがよくわかります。

肥満(BMIが25以上)や痩せ過ぎ(BMIが18以下)は、生理周期の異常を起こしやすいことが知られています。
また、急に体重を減らすようなダイエットはやめましょう。

ストレスはホルモンバランスの乱れを起こし、生理不順の原因となりえます。
規則正しい生活を心がけ、自分に合ったストレス解消法を身につけましょう。

ストレッチや散歩などの適度な運動は、ストレス解消と適正体重の維持に効果的です。
できれば週2回以上、1回30分以上運動する習慣をつけましょう。

まとめ

生理不順の影には何か病気が隠れているかもしれません。
また、将来子どもを産みたいと希望している方にとっては、生理とともにきちんと排卵があるかも大切なポイントとなります。
生理不順は早めの対処で日常生活の快適度も上がります。
少しでも違和感を感じた時に相談できるよう、かかりつけの婦人科医を持ちましょう。

ご予約はこちら

WEB予約 電話をかける

さくら医院 所在地情報

名称

医療法人参方善さくら会 さくら医院

所在地

〒458-0041
愛知県名古屋市緑区鳴子町三丁目49番地23ナルコス 1階2階
(マックスバリュ鳴子店まえ建物)

医療法人参方善さくら会 さくら医院

院内の様子はYouTubeでご覧いただけます

※本ページは情報提供ページです。本ページ内の医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。

参考:
*1 金沢さくら医院婦人科サイト 生理不順
https://sakura-womens.com/disease/Irregular.php
*2 月経周期を考慮したコンディショニング法 月経周期とは
https://www.nittai.ac.jp/female/menstrual_cycle/index.html
*3 働く女性の健康応援サイト 月経について
https://joseishugyo.mhlw.go.jp/health/menstruation.html
*4 女性の健康推進室ヘルスケアラボ 月経不順・無月経
https://w-health.jp/monthly/menstrual-problem/
*5 今日の臨床サポート 月経不順
https://clinicalsup.jp/jpoc/ContentPage.aspx?DiseaseID=1704&SearchTerm=すべて&SearchText=生理不順#TOP
*6 KAO 月経について
https://www.kao.co.jp/laurier/health/031/

キャッシュレス決済を利用できます