医療法人参方善さくら会グループさくら医院

初診のご案内ご予約方法

外来診療:052-892-7300健康診断:052-892-0200

MENU

内視鏡内科

内視鏡検査を受けましょう

内視鏡検査とは、消化器官(食道・胃・腸・肛門)の内部を医師が視診する検査のことです。先端にカメラがついたチューブを口・鼻・肛門から挿入することで視診が可能になります。消化器官の炎症や、ポリープ、がんといった病変を診断いたします。初期症状では症状の出にくい早期のがんが見つかることもあります。

日本人の死因の第1位のがんです。中でも胃や腸のがんでの死亡数はトップ3位に入ります。多くの場合進行してから発見されるのですが、早期発見することで健康の為にも定期的に検査を受けることを勧めます。

さくら医院の内視鏡検査の特徴

苦痛の少ない鼻からの胃カメラ

痛みに配慮した胃カメラ

“胃カメラはおえっとなって苦しそう”というイメージがありますが、当院では皆様の体調を考慮したうえで、鎮静鎮痛に配慮した検査を⾏います。また、鼻から挿入できるタイプの胃カメラもあります。鼻からの検査ですと医師と会話をしながら検査を受けることも可能です。鼻からの挿入でも苦しい方には鎮静剤を使用いたします。

さくら医院の胃カメラ検査の特徴
苦痛を抑えた大腸カメラ

苦痛を抑えた大腸カメラ

“大腸カメラは痛い・恥ずかしい”というイメ―ジを払拭する為に工夫をしています。検査前の下剤を飲んだ後に患者様1人に1つトイレを割り振るマイトイレを用意します。また検査中は紙パンツを履いて医師が見える範囲もごくわずかで、鎮静剤にて恥ずかしさや痛みを軽減して検査を行ないます。

さくら医院の大腸カメラ検査の特徴
苦痛を高度な内視鏡システムを揃えています

高度な内視鏡システムを揃えています

当院の内視鏡カメラは世界シェア1位のオリンパス製の機器を使用しています。こちらは大学病院や総合病院でも使用されている機種になります。挿入するスコープがしなやかで挿入しやすく患者様の負担になりにくく、粘膜の様子も鮮明に映るので小さな病変も見つけやすくなっています。

リラックスして検査を受けられる工夫

皆様に安心して検査を受けていただけるように

患者様が安心して検査を受けられるような医院を目指しています。鎮静剤を使用した患者様には検査後は回復室にてお休みいただけます。また、大腸カメラ検査を受ける患者様には院内で下剤を飲んだ際、ほかの患者様を気にすることが少なくなるよう、1人ひとり専用のトイレをご使用いただくようにしています。

内視鏡検査で発見できる代表的な病気

内視鏡では医師が直接消化器官の粘膜を観察できます。X線や便潜血検査だけでは発見出来なかった病気が見つかることもあります。

ポリープ

放置しておくと大腸がんに進行するものがあります。小さなポリープで検査中に切除することが可能です。1度ポリープが発見された患者様は2~3年周期で経過観察を受けることを勧めます。

大腸がん

初期症状は全くと言っていいほどありません。がんの中でも死亡数が多い病気ですが早期の段階で発見することで完治の可能性も高まります。定期的な検査を勧めます。

食道がん

お酒やタバコの好きな方がなりやすい病気です。50代以上の男性がかかりやすいです。胸の違和感がある場合には肺や心臓だけでなく食道の検査もしましょう。

逆流性食道炎

胸やけや胸のつかえや胃酸が上がる感じ、長引く咳がある方は食道に炎症が見られる可能性があります。放置すると食道がんのリスクが高まります。放置せず医師に相談しましょう。

胃がん

がんの中で胃がんが原因での死亡数は3位となっております。初期の胃がんは症状がないまま進行しますので早期発見には定期的な検査が欠かせません。

ピロリ菌

ピロリ菌は様々な病気を引き起こす原因となります。胃腸の不調にお悩みの方は検査をおすすめします。薬物療法にて70%以上の方が除菌可能です。我慢や放置をせずご相談ください。

さくら医院の消化器内科・胃腸内科 24時間受付 Web予約

外来診療のご案内

消化器内科・胃腸内科 内視鏡内科 外科 整形外科 歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科