緑区・天白の消化器内科・胃腸科・大腸カメラ(大腸内視鏡検査)はさくら医院

初診のご案内ご予約方法

外来診療:052-892-7300健康診断:052-892-0200

外来診療時間 9:00-12:00 / 14:00-18:30(月-土)

MENU

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)とは

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)は肛門から細い内視鏡を挿入し、大腸粘膜を観察します。ポリープや大腸がんの初期は自覚症状がないことが多く、自分で気づくことができません。検査によって早期に異常を発見することができます。

大腸カメラ検査中にポリープが見つかった場合は、切除可能なものは、検査実施中にポリープ切除を行います。

さくら医院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)の特徴

  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医が検査を行います。
  • 鎮静剤・鎮痛剤を適切に使用します。
  • 眠った状態かウトウトした状態で検査が可能です。
  • 個別ブースで仕切られた内視鏡待合室が6部屋あり、院内で下剤が飲めます。
  • ほかの患者さんとトイレの奪い合いにならない「自分専用個室トイレ(マイトイレ)」が6部屋分すべてあります。
  • ストレッチャーのまま検査を受けていただきます。
  • 検査時に見つけたポリープはその場で切除します。
  • 検査後はストレッチャーにのったまま回復室へ移動します。
  • 世界で約7割の市場シェアを占めているオリンパス製の内視鏡システムを導入しています。
  • 土曜日も内視鏡検査を実施しています。

このような方には大腸カメラの受診をおすすめします

50代以上の人

40代以上の人

便潜血検査にて異常があった人

便潜血検査にて異常があった人

血便が出る人

血便が出る人

便秘や下痢を繰り返す人

便秘や下痢を繰り返す人

一度ポリープが見つかった人

一度ポリープが見つかった人

40歳を超えたら、
一度検査を受けましょう

男性はおよそ11人に1人、女性はおよそ13人に1人が、一生のうちに大腸がんと診断されています。
2018年の調査では、大腸がんは女性のがんによる死亡数の第1位となっており、男性は27,098人、女性は23,560人の方が大腸がんで亡くなっています。男女合計では肺がんに次いで2位の死亡数です。この数値が示とおり、大腸がんはけして珍しい病気ではなく、誰にとっても他人事ではありません。

大腸がんの原因は生活習慣の変化が関連していると言われています。牛肉や豚肉が多めで野菜が少ない食生活、飲酒や喫煙の習慣、肥満、運動不足などが大腸がんのリスクを上げる要因と言われています。生活習慣の欧米化が進んだことが大腸がんの増加に関与していると考えられており、この20年で日本における大腸がんによる死亡数は1.5倍に拡大しています。

男性はおよそ11人に1人、女性はおよそ13人に1人が、一生のうちに大腸がんと診断されています。

人口動態統計2018年(厚生労働省大臣官房統計情報部編)

大腸がんは初期症状は自覚症状がありません。異常を感じてからでは遅いのです。

「がんになったら治らないんじゃないか?」と思う方も多いのではないでしょうか?
がんの進行度を表す「ステージ」別の大腸がんの5年生存率は以下のとおりです。

ステージⅠ ステージⅡ ステージⅢ ステージⅣ
95.5% 88.4% 76.7% 18.5%

国立がん研究センター「がん診療連携拠点病院等院内がん登録 2008から09年5年生存率」

がんがほかの臓器に転移してしまっているステージⅣの状態で発見された場合、生存率は18.5%と低い数値になってしまいますが、ステージⅠの初期段階でがんが発見された場合の生存確率は95.5%になります。早期発見・早期治療の場合は開腹手術なしで内視鏡による治療が可能な場合もあります。
このように大腸がんは、早期発見・早期治療が明暗をわけるポイントになるのですが、ポリープや大腸がんの初期は自覚症状がないことが多く、自分で気づくことができません。症状がない状態で早期発見が可能な大腸カメラ検査を受けることが大切になります。

人間ドックや健康診断の便潜血検査で陽性反応(+)が出た方は、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)による精密検査・二次検査をうけましょう。

便潜血検査で陽性反応(+)が出た場合、肛門や大腸などの消化器官のどこかで出血している可能性があります。便潜血検査では大腸がんの自覚症状よりも早期に異常が検知できるのですが、「どこも痛くないから」「自覚症状がないから」という理由で精密検査(二次検査)を受けない方が多くいます。自己判断で精密検査(二次検査)に行かないことは、病気を進行させてしまう場合があります。

グラフから読み取れるように、40代から大腸がんは増え始めます。さらに60歳を超えるとその数は急激に増加します。大腸がんは早期発見・早期治療で生存確率が90%以上になります。便潜血検査の結果は軽視せず、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けましょう。

大腸カメラ(下部内視鏡検査)を受けましょう

厚生労働省「全国がん登録 罹患数・率 報告」2016

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)のお問い合わせはこちらまで TEL:052-892-7300
24時間対応 WEB予約はこちら

さくら医院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は原則事前診療を行います。内科で受診をお願いいたします。

さくら医院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の特徴

特徴その1

日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医が検査を行います。

特徴その2

大腸の壁にぶつかると自然に曲がるオリンパス製の最新内視鏡システムを導入。

特徴その3

患者さん一人ひとりの体調を考慮したうえで、適切に鎮静・鎮痛に対応します。

特徴その4

院内下剤ができる内視鏡待合室。

特徴その5

大腸を空っぽにする前処置の際に、他の患者さんとトイレの取り合いにならない専用トイレ(マイトイレ)を用意しています。

特徴その6

検査時にポリープが見つかった場合、その場で切除します。

特徴その7

検査後はストレッチャーにのったまま回復室へ移動。しっかりお休みいただきます。

特徴その7

土曜日も内視鏡検査を実施しています。平日忙しいビジネスマンの方もご利用いただけます。

自分専用個室トイレ(マイトイレ)

院内下剤できます
自分専用マイトイレ

大腸カメラ検査は、大腸の中に便が残っているとその部分が十分に観察できなくなり、検査の精度が下がります。そのため、下剤を飲んで腸の中の便を全部出して空にする必要があります。
他のクリニックで下剤を飲んだ時、下剤による便意をこらえながらトイレの順番待ちをしたり、他のフロアのトイレを探しにいったり等、苦労した経験をお持ちの方もいると思いますが、さくら医院ではそのようなことがないよう、6つの個別ブースで区切られた専用待合室と6つの自分専用個室トイレを用意しております。

個別ブース式の専用待合室で下剤を飲むことができます。

大腸カメラ検査を行う際の事前準備で大変な事は下剤を飲むことです。以下のような不安を持たれる方が多くいらっしゃると思います。

  • 下剤の飲み方がわからない。正しく飲めているか不安。
  • 自宅が遠方で移動中にトイレに行きたくなるのが不安。
  • 過去に下剤を飲んで気分が悪くなった経験がある。
  • 下剤を飲んで何度もトイレに行く姿を家族に見られるのが恥ずかしい。

このような不安を感じている方には、医師や看護師のいる院内での下剤服用をお勧めしています。困ったことがあったり、万が一具合が悪くなった際にはすぐにご相談いただけます。
自分専用の個室トイレですので、じっくり時間をかけて排便してもほかの患者さんに気兼ねする必要はありません。
個別ブースにはノートパソコンやスマートフォンを充電できるコンセントがあり、院内フリーWiFiも利用できますのでリクライニングチェアでインターネットを楽しみながらリラックスして下剤を服用していただけます。
検査を受ける方の緊張や不安を少しでも減らせるよう、さくら医院では様々な工夫をしています。

大腸カメラ検査で発見できる病気

ポリープ

放置しておくと大腸がんに進行するものがあります。小さなポリープで検査中に切除することが可能です。1度ポリープが発見された患者様は2~3年周期で経過観察を受けることを勧めます。
ポリープについて詳しく

大腸がん

初期症状は全くと言っていいほどありません。がんの中でも死亡数が多い病気ですが早期の段階で発見することで完治の可能性も高まります。定期的な検査を勧めます。
大腸がんについて詳しく

クローン病

10~20代の若年者によく見られ、消化器官が炎症することで症状が出る病気です。適切に処置することで症状を抑えることが可能です。下痢、腹痛、血便を繰り返す場合は年齢に関わらず検査を勧めます。
クローン病について詳しく

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に炎症がある事で腹痛や下痢を繰り返します。年々患者が増加している病気です。薬物治療が基本ですが重症化した場合には手術を行ないます。
潰瘍性大腸炎について詳しく

大腸憩室症

大腸にへこみ(憩室)ができている状態で通常は自覚症状はありません。憩室が炎症を起こすと発熱や便の状態の変化があったり重篤な場合ですと腸管の壁が破裂して手術を要します。
大腸憩室症について詳しく

ベーチェット病

消化器官以外にも、皮膚や目の症状も現れる病気です。内視鏡検査だけでなく複数の検査から診断に至ります。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)のお問い合わせはこちらまで TEL:052-892-7300
24時間対応 WEB予約はこちら

さくら医院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は原則事前診療を行います。内科で受診をお願いいたします。

大腸カメラ検査の流れ

1.検査前日(ご自宅で)

検査前日の21時までに食事を済ませてください。その後は食べ物は口にせず、水分のみを摂るようにしてください。
お薬を服用されている方は事前に医師に相談してください。

2.検査当日の過ごし方

検査当日のは何も食べずにご来院ください。
コーヒーやお茶の飲み物も禁止です。

3.検査前(クリニックで)

受付を済ませて、検査前の下剤を飲みます。
下剤を飲んで腸の仲をキレイにして検査しやすいように準備します。
患者様専用のマイトイレをご用意しますのでそちらで便が白くなるまでトイレに通います。

4.着替え

ロッカールームにて検査着に着替えていただきます。

5.検査前(検査室)

診察台にて鎮静剤を投与します。ぼーっとした感じになるまで少々待ってから検査を開始いたします。

6.検査中(クリニックで)

カメラを入れ、視診します。
10~15分程度で検査いたしますがポリープの切除等を行なう場合は検査時間が長くなります。

7.検査後(クリニックで)

回復室で安静にした後、検査結果を説明させていただきます。
検査説明が終わったら帰宅します。

8.検査後(帰宅中・ご自宅で)

検査中に視診のみで他に処置を行なわなかった方は通常通りお過ごしいただけます。食事の制限もありません。

ポリープを切除した方は以下の注意をお守りください。

  • 消化に良い食べ物を摂るようにお願いします。
  • 長湯や岩盤浴・サウナは検査から3日間避けましょう。
  • 運動は検査から10日程度は行なわないこと。
    力仕事やスポーツ、ジョギングやウォーキング、旅行、出張は行わないで下さい。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)料金目安

検査内容 1割負担 3割負担
初診料・前処置薬剤・採血 約1,250~2,000円 約2,500~4,000円
大腸内視鏡検査(観察のみ) 約2,000円 約6,000円
大腸内視鏡検査と組織検査 約3,200円〜5,600円 約9,600円〜16,800円
大腸内視鏡検査と大腸ポリープ切除 約6,200円〜8,000円 約18,600円〜24,000円

※料金は目安となります。鎮静剤の使用、使用する薬剤の組み合わせや切除するポリープの数・大きさにて、多少の違いがあります。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)のお問い合わせはこちらまで TEL:052-892-7300
24時間対応 WEB予約はこちら

さくら医院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は原則事前診療を行います。内科で受診をお願いいたします。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)のよくある質問

痛みを感じることなく大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)を受けることはできますか?
大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)は、医療側が患者さんの痛みに配慮しなければイメージ通りのつらい検査になってしまいます。さくら医院では、すこしでも患者さんの苦痛を払拭できるよう、患者さん一人ひとりの体調を考慮したうえで、適正な量の鎮静剤・鎮痛剤を使用して検査を行います。鎮静剤・鎮痛剤によりウトウトと眠ったような状態で検査を受けていただけます。
また、内視鏡のスコープを挿入する際に苦痛を感じやすい場所は患者さんによってそれぞれです。日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医の資格を持つ医師が、患者さんの様子をしっかり観察しながら、スコープを押し付けるような無理な挿入をすることなく、手早く検査を行うことを心がけています。
大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)はどのくらい時間がかかりますか?
下剤服用や鎮痛・鎮静の処置など事前準備の時間を除くと、大腸カメラ検査にかかる時間は15~20分程度です。
もしポリープが見つかり、即日切除を行った場合は5〜10分程度の延長になります。
検査終了後は回復室で鎮静剤の効果がなくなるまで1時間程度お休みいただきます。
大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)は保険が適用されますか?
基本的に大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)には保険が適用されます。 3割負担の場合、検査は約6,000円、ポリープ切除等を行った場合は約18,600円〜24,000円を目安にお考えください。 鎮静剤の使用、使用する薬剤の組み合わせや切除するポリープの数・大きさにて、多少の違いがあります。
大腸内視鏡検査の金額は料金表を参考にしてください。
大腸内視鏡検査(大腸カメラ)料金目安
大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)の後は車で帰れますか?
鎮静剤・鎮痛剤を使用した検査の後、回復室で鎮静剤が体から抜けるまで休んでいただきますが、丸一日は鎮静剤の影響が残る可能性があります。原則として検査当日の自動車やバイク、自転車の運転は控えていただきます。

さくら医院 所在地情報

名称

医療法人参方善さくら会 さくら医院

所在地

〒458-0041
愛知県名古屋市緑区鳴子町三丁目49番地23ナルコス 1階2階
(マックスバリュ鳴子店まえ建物)

医療法人参方善さくら会 さくら医院

院内の様子はYouTubeでご覧いただけます

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)のお問い合わせはこちらまで TEL:052-892-7300
24時間対応 WEB予約はこちら

さくら医院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は原則事前診療を行います。内科で受診をお願いいたします。

外来診療のご案内

消化器内科・胃腸内科 内視鏡内科 外科 整形外科 歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科