緑区・天白の消化器内科・胃腸科・整形外科・健康診断ならさくら医院

初診のご案内ご予約方法

外来診療:052-892-7300健康診断:052-892-0200

外来診療時間 9:00-12:00 / 14:00-18:30(月-土)

MENU

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニアとは俗に「脱腸」とも呼ばれ、腸などの内臓が外に飛び出てしまい足の付け根あたりが膨らんでくることをいいます。この足の付け根の部分を「鼠径部(そけいぶ)」といい、壁が薄いため腹部の中でもヘルニアを起こしやすい箇所です。
子ども、成人問わずなり得る病気の一つです。

鼠径ヘルニアの症状

鼠径部の下に柔らかい膨らみが出てきます。お腹に力を入れたり 立った時に飛び出し、仰向けになったり 指で押さえると引っ込むことが多いです。

進行すると膨らみが硬くなったり、元に戻らなくなってしまうことがあります。これを「嵌頓(かんとん)」といいます。嵌頓になると、腸閉塞に進展する可能性もあり、腹痛や嘔吐などの症状が出ることがあります。

鼠径ヘルニアの原因

鼠径ヘルニアの原因として、加齢により鼠径部の構造が弱くなることがあげられます。組織が弱くなった状態で、重いものを持つ・便秘・肥満・咳をするといった腹圧がかかると脱腸するリスクが出てきます。

鼠径ヘルニアの場合、特に男性に多く見られます。また、高齢になるほど発生するリスクが高くなる傾向にあります。

放っておくとどうなる?

鼠径ヘルニアは、症状を自覚していても病院へ行かない方もいます。ただ、放っておくと嵌頓になり、腸閉塞にまで進展する可能性があります。進行すると腹痛や嘔吐といった症状が出てくることもあり、その場合は緊急手術が必要になります。

検査について

鼠径ヘルニアは、診察(身体所見、触診)により診断されます。検査としては腹部超音波検査やCT検査があり、これらはヘルニアの種類や詳細を調べるときに用いられます。

治療法

鼠径ヘルニアは自然に治癒することがなく、薬でも治りません。唯一の治療法が「手術」です。脱腸してしまう穴を、メッシュと呼ばれる網状のシートで内側からふさぐ手術をします。主に「前方アプローチ」「腹腔鏡下ヘルニア修復術」の2つの手術方法があります。

※本ページは情報提供ページです。本ページ内の医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。