緑区・天白の消化器内科・胃腸科・整形外科・健康診断ならさくら医院

初診のご案内ご予約方法

外来診療:052-892-7300健康診断:052-892-0200

外来診療時間 9:00-12:00 / 14:00-18:30(月-土)

MENU

胃潰瘍

胃潰瘍とは

胃潰瘍とは、胃の壁が傷つき痛みを伴ったり出血する病気で、悪化すると胃に穴が開く場合もあります。胃は本来胃粘液によって胃酸から守られていますが、何らかの理由によってそのバランスが崩れ、消化作用の方が強くなると起こります。
胃に生じる傷はその深さによって呼び方が変わり、粘膜層にとどまっている軽症ものは「びらん」、それ以上のものを「潰瘍」と呼び、さらに潰瘍が一番重症化した胃に穴が開いた状態を「穿孔」と呼びます。

原因

  • ピロリ菌感染:ピロリ菌に感染するといの粘膜に炎症が生じたり、胃粘液の分泌が減って傷つきやすくなり、潰瘍ができます。
  • 薬剤(非ステロイド性抗炎症薬):粘膜を傷つける働きと粘膜を保護する力を弱める働きがあるので潰瘍ができやすくなります。
  • ストレス:イライラ、過労、睡眠不足や緊張から来る精神的・肉体的ストレスは胃粘膜の機能の低下を招きます。
  • 生活習慣:喫煙、大量の飲酒やコーヒー。暴飲暴食や早食い、不規則な食生活は胃に負担がかかります。

症状

  • みぞおちから左脇腹にかけて痛み
  • 空腹時や食後の痛み
  • 背中の痛み
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 腹部膨満感
  • 吐血
  • 下血(タール便)
  • 貧血症状

検査

内視鏡検査

潰瘍の状態を観察します。

X線造影検査

潰瘍の形や周囲の胃粘膜、胃壁の状態を観察します。

ピロリ菌検査

治療

生活習慣の改善

  • 胃酸の分泌を促進する食べ物は避ける(脂の多いもの、刺激物、柑橘類、甘いもの、コーヒー、濃い紅茶や緑茶)
  • 禁酒、禁煙を行う
  • 食事を規則正しい時間にとる
  • 疲労がたまらないようにする
  • ストレスを適度に発散、たまらないようにする

薬物療法

  • 胃酸の分泌を抑える薬
  • 胃の粘膜を修復する薬
  • 胃の粘膜を保護する薬
  • ピロリ菌に感染していたら薬を使用したピロリ菌の除菌療法を行います。

手術

胃潰瘍が悪化して以下の合併症を引き起こしている場合は緊急手術が必要な場合があります。

穿孔(せんこう)

胃の壁に穴が開いた状態。腹膜炎を起こす。

大出血

ショック状態に陥ることもある。

幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)

幽門(胃の終わりの部分)が狭くなって食物の通過障害が起こる。

予防

胃潰瘍は再発頻度の高い病気です。治っても以下のようなことに気をつけて生活する必要があります。

食事で気をつけること

  • 暴飲暴食は避け、腹八分目に留める。
  • 胃酸の分泌を促す食べ物を控える。(刺激物、酸性のもの、甘いもの、脂っぽいもの等)
  • コーヒー、濃い紅茶や緑茶を控える。
  • お酒は控える。

食事以外で気をつけること

  • 喫煙は控える。
  • ストレスを溜めない。
  • 過労を避ける。
  • 規則正しい生活リズムを意識する。

※本ページは情報提供ページです。本ページ内の医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。