緑区・天白の消化器内科・胃腸科・整形外科・健康診断ならさくら医院

初診のご案内ご予約方法

外来診療:052-892-7300健康診断:052-892-0200

外来診療時間 9:00-12:00 / 14:00-18:30(月-土)

MENU

便秘

便秘とは

便秘とは、腸内に便がとどまり十分に出し切れない、または排便があっても不快感のある状態をいいます。単に「便が出ない」というだけではなく、「かなり力を入れないと排便できない」「まだ残っている感じがあってスッキリしない」という症状がみられる場合でも便秘が疑われます。

便秘の症状

便秘では、以下の症状がみられます。

  • 腹痛
  • 便が残っている感じがする
  • 排便時に力を必要とし、苦痛を伴う
  • 便が硬くなった、細くなったなどの変化

便秘の種類・タイプ

便秘にはいくつかの種類があり、大きく分けて「器質性便秘」と「機能性便秘」の2つに分類されます。さらに機能性便秘は、「一過性便秘」「弛緩性便秘」「直腸性(習慣性)便秘」「けいれん性便秘」に分類されます。

器質性便秘

腸管の異常により生じる便秘です。腸の炎症、腸捻転(腸が捻じれている状態)、大腸がんの腫瘍などの病気が背景にある場合はそれぞれの治療が必要になります。

一過性便秘

食生活の変化や、ストレスや環境の変化などの精神的な負担が原因で一時的に起こる便秘です。

弛緩性便秘

大腸の運動機能や筋力が低下し、便が押し出せなくなることで起こる便秘です。高齢者や出産後の女性に多くみられます。

直腸性(習慣性)便秘

便意を我慢する癖がついてしまい、便意を感じる機能が低下することで起こる便秘です。

けいれん性便秘

ストレスによって自律神経が乱れ、生じる便秘です。過敏性腸症候群に多く見られ、下痢と便秘を交互に繰り返したり、うさぎのフンのようなコロコロした便が出ることがあります。

便秘の原因・なぜ起こるの?

便秘の原因として、以下のものがあげられます。

  • 食物繊維や水分の不足
  • 不規則な生活リズム
  • ストレスや不安、緊張といった精神的な負担
  • 便意を我慢する習慣
  • がんによる大腸の圧迫、その他腸機能の異常
  • 生理前の不調

便秘の解消・改善法

便秘の原因が、大きな病気ではなく生活習慣にある場合は、日常生活の見直し・工夫で改善傾向にむかうことがあります。

  • 水分を摂取する
  • 食物繊維を豊富に含んだ食事を意識する
  • 適度に脂質をとる
  • 朝も慌てず排便できる環境を整える
  • 毎日決まった時間にトイレに行く習慣をつける
  • 不規則な生活の改善、生活リズムを整える
  • 排便姿勢の工夫(前かがみがよいとされています)

赤ちゃんの便秘について

赤ちゃんも、腸内環境が不調になると便秘になることがあります。おなかが張っている様子があれば、ガスがたまっている可能性があります。そういった時は「綿棒浣腸」が有用です。
また、便が硬くなっている時は水分が不足していないか確認をしましょう。 便秘が続いたり、嘔吐の症状がある場合は、早めに診察を受けることをお勧めします。

最後に:病院には行くべき?

便秘は腸閉塞、大腸がんといった病気の症状の一つでもあります。また、生活習慣やストレスが便秘の原因でも、症状が長引くとストレスを余計に悪化させることもあります。 3日以上排便がない、下剤を使っても1~2日便が出ないときは一度病院で診察を受けることもお勧めします。

※本ページは情報提供ページです。本ページ内の医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。